ゆるゆる∞タロット

案ずるより産むが易し

女一人旅で危ない目に遭ったことある?

こんにちは(*´▽`*)

タロット占い屋 ユウカ です。

今日は趣味の海外旅行の話です。占いは出てきません~

f:id:y-enjoyabletarot:20180904010328j:plain

 at Machu Picchu in Peru

 

わたしは今まで行った海外旅行の90%が一人旅でした。

ちなみにわたしの言語能力は中学生レベルのカタコト英語が少し話せる程度で、現地の人に道を聞いたり、駅で切符を買ったり、買い物で値切ったりと必要最低限の英語力です。当然英語圏の人とペラペラ世間話はできません。

 

そんなわたしが、周りによく聞かれるのが「そんな言葉もろくに話せないのに一人で出かけて危なくないの?」です。

 

答えは「危なくないように気をつけて過ごせば、危なくない」です。

 

わたし自身は危ない目に遭ったことはありません。

思い返せばアレはまずかったかもしれないと思うことはあっても実際何も起きずにここまで来ました。

 

バックパッカーしていたときは、特にアジア圏では日本人がよく集まるゲストハウス、通称「日本人宿」というのが主要都市には存在しまして、そこに泊まるとその場で同じような目的の人と一緒に観光したり、旅で使用する情報を集めたりできます。しかもその後の旅先も似たり寄ったりなので、タイで一緒だった人とインドで再会してまた一緒に観光するような機会も巡ってきます。そのため出発は一人ですが、旅中は実質一人旅ではないこともしばしば。

わたしは東ヨーロッパを回り出してやっと一人旅って感じでした。

 

一人旅の魅力は、好きなことを、好きなだけ、好きな時に楽しめること!!

 

一度「一人でイケる」とわかると、誰かと旅行する際のスケジュール合わせに始まり、泊まるホテルのグレード合わせ、観光地合わせ、食事のレストラン合わせなどなど、他人と合わせる作業がものすご―――く億劫になります(;´Д`)

 

そんな一人旅の魅力を是非経験し、楽しんでいただきたいので、わたしが海外旅行するときに気を付けていることを紹介します。

 

*夜間の外出に注意

これは初歩中の初歩です。もはやこれを気にせずになんかあったらお前が悪いと言われて当然です。

夜間の治安はその国の各地域によって全然違います。わたしの認識では「物価が高い地域ほど治安が良くて、物価が低い地域ほど治安が悪い」です。

 

韓国の明洞は日本の原宿みたいで夜23時過ぎても1人で余裕で歩けます。わたしが行ったことのあるバンコクニューデリー、ヨーロッパ主要地域は、1人では怪しいけど仲間が何人かいれば大丈夫なイメージです。ペルーも比較的治安が良さそうな雰囲気でした。エジプトのカイロは男性の仲間とタクシーを利用すればなんとかなりますが、基本的に日本人女性はイケるという認識が広まってて女性だけでの出歩きはやめた方がいいです。また、インドやイスラム圏では肌の露出具合に考慮してください。イスラエルは場所によって昼間でも怪しいところがあります。ボリビアのラパスは中心街の人込みから外れたら昼間でも注意が必要です。

 

*ヨーロッパではとにかくスリに注意

わたしはスペインで財布をスられました。

でも、もはやヨーロッパ旅行をするにあたって財布をスられるのはご愛嬌の域だと思ってください!!

まず、財布は現金だけなら盗まれても「仕方がない」で諦められます。しかしパスポートやカードを盗られると非常に困るんですね。

わたしはスられて当たり前と思っていたので現金とパスポート、カードは全て別々にして身につけていました。当然被害も現金のみ。むしろ、スリの手口に感動したくらいです。日本人はスリに馴染みがありませんが、ヨーロッパで出歩くのに全部同じ場所に入れておく方が悪いと思ってください。

スられた後も、日本にいる友人には心配されましたが、旅中で出会った友人には「ダッセー」って言われて終わりでした(笑)

 

*セクハラに注意

いきなり乳をもまれる!!なんてことはありません。

しかし「日本はフリーセックスの国」という認識は広がっています。エジプトでは露骨に「いくら?」と聞かれる事もありました。またクロアチアの宿でたまたま会ったフランス人のおじさんに柔らかい物腰で「キスをしよう」となんの脈絡もなく急に言われました。

嫌なら「NO!!」とはっきり言ってやりましょう。

あまりしつこければ日本語で大きめの声を出してキレてください(; ・`д・´)

 

また、近年欧米諸国で問題視されているのがキャットコーリンという痴漢行為です。これは道でぶつかったふりをしてさりげなく女性の体に触ったり、道行く女性にからかいや卑猥な言葉を吹っ掛けたりする行為のことです。

たまにイタリアあたりで「すごい!カフェでお茶しているだけですごいナンパされる!イタリア人いいかも!!」と言うような日本人女性が存在しますが、それ、ただの痴漢かもしれませんよ。

キャットコーリングのタチが悪いところは、解決策が「気にしない」しかないことです。行為自体は口笛を吹いたりちょっと声をかけたりといったもので、中には後をつけてくるような輩もいるそうですが、直接危害は加えてきません。

最近ではキャットコーリングを刑罰の対象にする国もあるそうですが、危害はないと思って無視を決め込むしかありません。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20180904010547j:plain

at Bahariya Oasis in Egypt

 

気を付けていて損ということはありませんので、細かいところをあげればきりがなく注意点は出てきます。

 

しかし、せっかくの旅行なのにあまり過敏になっても楽しめません!

いろいろ紹介したけれど、結論はそんなに心配しなくても、堂々としていれば大抵は大丈夫です。

あなたは日本に来た外国人に急に襲い掛かりますか?

そんなことしませんよね(笑)

大丈夫です。世界中わたしが訪れた国々の98%の人々は、大変親切にしてくれます(*'ω'*)

残りの2%はキャッチのしつこいおじさんたちで、ウザいですが害はありません。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20180904011038j:plain

at Wailling wall in Israel

 

世界にはさまざま文化、宗教、絶景が広がっています!

何も見ないで死ぬのはもったいない!!

ぜひ海外旅行を安全に楽しんでください((((oノ´3`)ノ

 

読んでくれてありがとう(*´▽`*)

f:id:y-enjoyabletarot:20180904012331j:plain

at Ayutthaya in Thailand

 

f:id:y-enjoyabletarot:20180904012504j:plain

at Tunel Kokhannya in Ukraine

 

A09 地球の歩き方 イタリア 2018~2019

A09 地球の歩き方 イタリア 2018~2019

 
A23 地球の歩き方 ポルトガル 2018~2019

A23 地球の歩き方 ポルトガル 2018~2019